国民健康保険 国民健康保険税 保険税の軽減 保険税の減免

     
                                                                                     
平成28年 4月26日現在

 
          

  国民健康保険税について                        

税務課市民税係 0164−56−5004(内線:262、263、264)


 国民健康保険に加入している方は、「給付を受ける権利」と同時に「保険税を支払う義務」があります。 一人ひとりの保険税は国民健康保険の制度を支える貴重な財源となります。



納税義務者
 国民健康保険に加入すると、加入者である世帯主に対して課税されます。
また、世帯主が国民健康保険加入者でなくても、世帯に加入者がいる場合は、世帯主を加入者とみなして課税します。 (これを擬制世帯といいます。)

※擬制世帯の場合、その世帯主の所得に対しては課税されませんが、軽減の判定を行う場合は、世帯主の所得を勘案します。

税額について
下の表の(1)〜(4)の組み合わせにより保険税が決まります。
区分 計算方法 税率
医療給付費分 後期高齢者
支援金分
介護納付金分
(40歳〜64歳)
(1)所得割額 (前年の所得金額−基礎控除33万円)×税率 9.5% 2.5% 2.0%
(2)資産割額 固定資産税(土地・家屋)×税率 28.0% 7.0% 6.0%
(3)均等割額 国保に加入している人数×税率 22,000円 6,000円 6,000円
(4)平等割額 1世帯税率 25,000円 7,000円 7,000円
賦課限度額 540,000円 190,000円 160,000円
 
 医療給付費分と後期高齢者支援金分と介護納付金分の合計額が1年間の税額となり、
賦課限度額は89万円【 医療給付費分54万円+後期高齢者支援金分19万円+介護納付金分16万円 】となります。

※所得割額について
1.事業者に専従者控除があった場合、事業者は専従者控除後の所得、専従者は給与収入としてそれぞれ所得割
  額の計算をします。
2.長期譲渡所得等があった場合、特別控除を適用した後の所得で計算します。

途中加入・脱退の場合の保険税について
1.年度の途中で国民健康保険に加入した時は、加入した月から月割で計算されます。ただし、加入手続きが遅れた
  場合には、さかのぼって課税されます。
2.年度の途中で国民健康保険を脱退した時は、脱退した月の前月までの保険税が月割で計算されます。
資格証明書
 特別な事情がないのに保険税を1年以上滞納すると、「被保険証」を返還していただき「被保険者資格証明書」を交付します。
 「被保険者資格証明書」で病院にかかると、医療費の10割(全額)を窓口で支払うことになり、保険給付の全部又は一部が差し止められます。
支払方法
 国民健康保険税は、特別徴収(年金からの天引き)か普通徴収(納付書又は口座振替で納付)のいずれかの方法で納めていただきます。 
 税額の変更等により年度途中に特別徴収から普通徴収に変更になる場合があります。

・ 特別徴収の対象条件

 次のすべての条件に該当する世帯の国民健康保険税は、世帯主の年金から自動的に差し引かれます。
ア.納税義務者(世帯主)が国民健康保険の被保険者であること。
イ.世帯内の被保険者全員が65歳以上75歳未満であること。
ウ.世帯主が年額18万円以上の年金を受給していること。
エ.国民健康保険税と介護保険料との合算が年金額の2分の1を超えていないこと。
※ただし、賦課年度内に75歳に到達し、後期高齢者医療制度へ移行となる方がいる場合には、今まで保険税が年金天引きとなっていた方でも普通徴収(納付書払い)への変更となります。(口座登録のある方は、指定の口座より振替となります。)

・ 普通徴収
 特別徴収の条件に該当しない世帯は、7月から翌年2月までの8回で、納付書又は口座振替による普通徴収にて納めていただきます。
※年度の途中から加入する方については、この限りではありません。

納期について
 
国民健康保険税の納期は、7月末から翌年2月末までの8回の納期となっています。

 
口座振替
 あなたが指定する貯金口座から、自動的に納税する方法で、一度手続きをすると、翌年からの分も自動的に納税され毎年継続します。
 口座振替を扱える金融機関は、留萌市内にある金融機関又は郵便局です。
〇手続き方法
留萌市内の金融機関 金融機関窓口又は留萌市税務課市民税係で手続き
郵 便 局 郵便局窓口で手続き(市役所では手続きできません)

その他
 諸事情により、納期内に納付することが困難な方は早めに 税務課収納対策室に「納税相談」 をしてください。
 
   
 


税務課&収納対策室ホームページへ