<身体障害者手帳とは?>

身体に視覚、聴覚又は平衡機能、音声・言語機能または
そしゃく機能、肢体不自由、心臓、腎臓、呼吸器、小腸、
排尿排便機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障がい
などに永続する障がいを有する方にその
程度により
1級から6級までの手帳が交付されます

<申請手続き>

新規交付申請 申請書・診断書・写真(縦4cm×横3cm)2枚 
印鑑
紛失・破損 再交付申請書・身体障害者手帳(破損のみ)
写真(同上)1枚
印鑑
居住地変更
(転出の場合→転出先で手続き
変更届・身体障害者手帳・印鑑
障がい程度変更 再交付申請書・身体障害者手帳・診断書
写真(同上) 1枚
印鑑
返還 返還届・身体障害者手帳・印鑑
【注意】
1.各申請用紙は社会福祉課窓口にあります。
2.住所・氏名が変わった時は速やかに届出をお願いします。
3.障がいが無くなった時、又は死亡した時には速やかに手帳の返還をお願いします。
4.写真は上半身を写した(脱帽したもの)1年以内のものに限ります。
5.診断書を書く医師は知事より指定されています。(社会福祉課にお問い合せ下さい)

<指定医師の従事している医療機関> 

内科 留萌市立病院・川上内科医院
整形外科 留萌市立病院・留萌記念病院・富山整形外科・渡部整形外科
整形外科稲垣医院
脳神経外科 留萌市立病院・留萌セントラルクリニック
眼科 留萌市立病院・銭丸眼科
外科 留萌市立病院
耳鼻咽喉科 留萌市立病院(耳鼻科)わたなべクリニック
呼吸器科 留萌市立病院


※診断書用紙は、各病院又は社会福祉課窓口にあります。


<給付>  〜下記の補装具費や日常生活用具給付には
           自己負担の上限額などがあります〜

 補装具費(購入費又は修理費)の支給

        
身体障害者手帳を所持している方に対し、失われた
        
機能を補い日常生活や職場生活を容易にするため、
         義肢・装具等の補装具購入費または修理費が支給
         されます。(事前の申請により必要と認められた方)

種 目 対象者 自己負担額 申請に必要な書類 申請場所
盲人杖・義眼・眼鏡 視覚障がい者 1割負担
(世帯(18歳
以上の方は、
本人及び配偶
者)の市民税額
等により上限
額があります。
・身体障害者手帳
・医師の意見書
・課税証明書
・業者の見積書
・印鑑
市社会福祉課
社会福祉係
42−1807
補聴器 聴覚障がい者
義肢、装具、車いす
電動車いす、歩行器
歩行補助杖等
肢体不自由者

   ※  医師の意見書用紙は、社会福祉課社会福祉係にあります。
     課税証明書
       ※ 世帯の方の市民税のわかる書類(市民税・道民税納税通知書等)
     種目によって身体障害者手帳で給付できないことがあります。
    (労災→労働基準監督署、介護保険適用者→「はーとふる内」介護支援課)
      また、種目ごとに基準額及び耐用年数が決まっています。
     補装具委託契約業者は、
市社会福祉課社会福祉係にお尋ねください。
     

 
日常生活用具給付

        
障がい者及び障がい児に対し、自立生活支援用具等の
        日常生活用具を給付することにより、日常生活の
        便宜をはかるものです。
        (種目、障がい及び程度がありますので詳しいことは
        市社会福祉課社会福祉係にお尋ねください。)


      ※ お問合せ→ 市社会福祉課社会福祉係 42−1807まで


       

      療育手帳へ  精神障害者手帳へ  自立支援医療へ
 各種手当等へ