予 防 接 種 に 関 す る こ と


こどもの予防接種高齢者インフルエンザ予防接種|高齢者の肺炎球菌ワクチン予防接種(定期接種)(任意接種)妊婦のための風しん対策事業


トップページ各課保健医療課こどもの予防接種

こどもの予防接種について

保健医療課保健医療係 49-6050(内線:110〜112)

 お子さんの健康を守るために必要な予防接種を実施しています。保護者は予防接種法に基づく定期の予防接種を受けさせるよう努めなければならないと法律に規定されております。
 また定期の予防接種、ヒブ、小児肺炎球菌、4種混合(ジフテリア、百日せき、ポリオ、破傷風)・BCG・二種混合(ジフテリア、破傷風)、麻疹、風疹、水痘、日本脳炎は、決められた接種期間内であれば全額公費負担で受けられます。
 予防接種は留萌市内の小児科のある病院で実施しています。接種の際に予約が必要となっていますのでご注意ください。
 予防接種を受ける際は母子手帳を持参してください。予診票は各病(医)院に用意しております。
   接種実施日記録票を作りました。利用してみてください。
  • 里帰り出産などで止むを得ず、留萌市以外の市町村で接種を受ける場合は、「他市町村での予防接種申請書」の提出が必要です。
  • 「他市町村での予防接種申請書」の提出が無い場合、全額自己負担となることがあります。
  • 申請書様式は、こちら

 予防接種健康被害救済制度は、予防接種と因果関係がある旨厚生労働大臣が認定した場合、健康被害に対する給付を行う制度です。

ヒブ 生後2ヵ月〜7ヵ月未満で接種開始の場合(こちらがお勧めです)
  27日から56日の間隔で3回、
  3回目接種後7ヵ月〜13ヵ月で1回の 合計4回接種します。
生後7ヵ月〜12ヵ月未満で接種開始の場合
  27日から56日の間隔で2回、
  2回目接種後7ヵ月〜13ヵ月で1回の 合計3回接種します。
1歳以上〜5歳未満で接種開始の場合
  1回
小児肺炎球菌 生後2ヵ月〜7ヵ月未満で接種開始の場合(こちらがお勧めです)
  27日以上の間隔で3回、
  3回目接種後60日以上あけて生後12ヵ月〜15ヵ月の間で1回
  の合計4回接種します。
生後7ヵ月〜12ヵ月未満で接種開始の場合
  27日以上の間隔で2回、
  2回目接種後60日以上あけて生後12ヵ月〜15ヵ月の間で1回
  の合計3回接種します。
1歳以上〜2歳未満で接種開始の場合
  60日以上あけて2回
2歳以上〜5歳未満で接種開始の場合
  1回
4種混合
 (ジフテリア)
 (百日せき)
 (ポリオ)
 (破傷風)
1期初回(3回)、1期追加接種があります。
1期初回は、生後3ヵ月〜90ヵ月未満の間(標準的な接種年齢は3ヵ月〜12ヵ月)に、20日〜56日までの間隔をおいて3回接種します。
1期追加は、1期初回接種の3回目終了後から6ヵ月以上の間隔をおいて1回接種します。(標準的な期間は12ヵ月〜18ヵ月までの間に接種します。)

二種混合
 (ジフテリア)
 (破傷風)

11歳から12歳(小学校6年生)
上記の三種混合を接種された方が受けます。

BCG 1歳未満まで。
生後5ヵ月〜生後8ヵ月までに接種することをお勧めいたします。

麻疹・風疹
 (混合ワクチン)
1期は、生後12ヵ月〜24ヵ月の間で1回接種します。
2期は、5歳〜7歳未満で小学校就学前1年間で1回接種します。
水痘 1歳〜3歳の誕生日の前まで
1回目は生後12ヵ月から15カ月までに接種することをお勧めいたします。
2回目は、1回目の後、6ヵ月後から12ヵ月後までに接種することをお勧めいたします。
日本脳炎 特例の定期接種1
 20歳未満までが接種対象者
(平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの方)
接種方法
  19歳まで無料で接種できます
    
接種回 標準 最短
1回目〜2回目 6〜28日 6日
2回目〜3回目 1年 6ヶ月以上
3回目〜4回目(最後) 5年 6日
※過去に接種履歴がある場合は、6日以上の間隔をあけて残りの回数を 接種。

6日以上の間隔とは、接種日と接種予定日の間に6日間あることを言います。
具体的には、4月1日接種の場合最短予定日は、4月8日になります。

特例の定期接種2
 12歳未満までが接種対象者
(平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの方)
接種方法
 9歳の誕生日から12歳まで無料で接種できます。
 接種間隔は上記と同様です。
 生後90ヶ月(7歳半)までに接種履歴がある場合は、※2のとおりです。
 生後90ヶ月(7歳半)の前日までは通常通りの接種間隔
 9歳以降は、※2のとおり
※1 注意!! 生後90ヶ月(7歳半)から8歳までは、有料となります。
※2 9歳以降の接種は生後90ヶ月までに接由した回数によって次とおりとな   ります。
90ヶ月までの回数 9歳からの摂取回数と接種間隔
1回 6日以上の間隔で3回
2回 6日以上の間隔で1回
3回 1回

通常の定期接種 
接種方法
 生後90ヶ月(7歳半)の前日までに3回の接種が必要です。
接種回 許容 標準
1回目〜2回目 6日以上 6〜28日
2回目〜3回目 6ヶ月以上 1年
 標準的な接種方法は、3歳で2回。4歳で1回。9歳から12歳で1回の合計4回となっております。
 
インフルエンザ
 (任意)
旅立ち応援のためのインフルエンザワクチン接種支援事業実
 卒業や進学・就職のための試験を迎える子どもたちが、インフルエンザに患し、行事等を欠席することの無いように、インフルエンザワクチン接種の支援を行うことを目的とした事業です。

1.対象者及び支援回数
 (1)  小学6年生 2回
 (2)  中学3年生 1回
 (3)  高校3年生相当 1回

2.窓口負担
 1,500円/回

3.実施期間
 毎年10月1日から12月30日まで

4.健康被害救済措置
 この事業により被接種者に健康被害が生じた場合は、留萌市予防接種健康被害調査委員会の審査に付し、その意見を尊重して措置を講ずることとし、市が補償を行う必要があるときは、留萌市予防接種事故災害補償規則(平成6年規則第6号)の定めのとおりおこないます。

B型肝炎
対象:1歳に至るまでの間にある者
接種回数:全部で3回
接種間隔 
1回目
2回目 1回目との間隔を27日以上
3回目 1回目との間隔を139日以上
少なくても2回目との間隔は6日以上あけること
※1回目から3回目の接種を終えるまでには、およそ半年間かかります。

※HBs抗原陽性の母親からの出生児に対する接種
 ・保険適用となることから定期接種の対象外となります。
 ・接種の日程につきましては、各医療機関にお問い合わせしてください。

       


トップページ各課保健医療課>高齢者インフルエンザ予防接種

高齢者インフルエンザ予防接種について
保健医療課保健医療係 49-6050(内線:110〜112)

 
 毎年、10月初旬から3月末まで高齢者インフルエンザの予防接種事業を行っております。

接種費用の個人負担は、1,500円です。(留萌市内の医療機関で接種する場合に限る)

対象者は、以下の方で、自らの意思で接種を希望する方です。   
  1. 65歳以上
  2. 60歳以上65歳未満で、心臓、じん臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する者及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する者
 予防接種の効果は、発病・重症化防止です。その期間は、接種後2週間から5カ月程度と言われております。

 感染予防対策としては、石鹸を使って手を良く洗うことです。食べる前には必ず手洗いをしましょう。
 その他には、食事に気をつけたり、運動をしたり、流行期には、人ごみを避けるようにしてください。
 インフルエンザにかかっている人は、せきエチケットを守ってください。(具体的には、マスクをしたり、咳をする時には、ウイルスが拡散しないようにティッシュペーパーで口元を覆うなどです。)

 予防接種健康被害救済制度は、予防接種と因果関係がある旨厚生労働大臣が認定した場合、健康被害に対する給付を行う制度です。
  • 介護施設への入所などで止むを得ず、留萌市以外の市町村で接種を受ける場合は、「他市町村での予防接種申請書」の提出が必要です。
  • 「他市町村での予防接種申請書」の提出が無い場合、全額自己負担となることがあります。
  • 申請書様式は、こちら


トップページ各課保健医療課高齢者の肺炎球菌ワクチン予防接種(定期接種)

高齢者の肺炎球菌ワクチン予防接種(定期接種)について
保健医療課保健医療係 49-6050(内線:110〜112)

 
 平成26年10月1日から予防接種法に定める高齢者の肺炎球菌ワクチンの予防接種事業を行います。

接種費用の個人負担は、3,500円です。
 (留萌市内の医療機関で接種する場合に限る)

対象者は、以下の方で、自らの意思で接種を希望する方です。   
  1. 65歳(平成26年度は、昭和24年4月2日から昭和25年4月1日生まれの方)
  2. 60歳以上65歳未満で、心臓、じん臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する者及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する者
  3. 特例措置
    • 70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳の方も接種できます。
 予防接種健康被害救済制度は、予防接種と因果関係がある旨厚生労働大臣が認定した場合、健康被害に対する給付を行う制度です。
  • 介護施設への入所などで止むを得ず、留萌市以外の市町村で接種を受ける場合は、「他市町村での予防接種申請書」の提出が必要です。
  • 「他市町村での予防接種申請書」の提出が無い場合、全額自己負担となることがあります。
  • 申請書様式は、こちら


トップページ各課保健医療課>高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種(任意接種)

高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種(任意接種)について
保健医療課保健医療係 49-6050(内線:110〜112)

 
 留萌市独自の高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種(任意接種)事業を行っています。

接種費用の個人負担は、3,500円です。
 (留萌市内の医療機関で接種する場合に限る)

対象者は、以下の方で、自らの意思で接種を希望する方です。  

  70歳以上の方で予防接種法の対象外の方

 任意接種を受けて健康被害が生じた時は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法による「医薬品副作用被害救済制度」「生物由来製品感染等被害救済制度」に基づく救済の対象となります。


トップページ各課保健医療課>妊婦のための風しん対策事業

妊婦のための風しん対策事業について
保健医療課保健医療係 49-6050(内線:110〜112)

 
 妊婦の風しん感染を防止することにより、先天性風しん症候群の発生を防ぐことを目的としています。

対象者は、留萌市に住所がある以下の方です。   
  1. 風しん抗体価が低い妊婦(妊娠初期)の19歳以上の夫(未届けでも可)
  2. 19歳から49歳までの妊娠を希望する女性
事業内容
 ウイルス抗体価が低い方にMRワクチンを接種してもらうことを事業内容としていますので、最初に抗体価の検査を行ないます。
 次に、抗体価が低い場合は、ワクチンを接種します。

これらの個人負担は次のとおりです。
  • 抗体価の検査    1,000円
  • MRワクチンの接種 2,000円

実施医療機関
  • 川上内科医院 (43−6451)
  • 沢住内科小児科医院 (42−1531)
  • たけうち内科循環器科医院 (42−8820)
  • 藤田クリニック (42−1660)
  • 留萌市立病院 (49−1011)
  •   (東雲診療所 含む) (43−1119)
検査や予防接種を受けるにあたって

 助成の対象が、細かく決められています。ウイルス抗体検査やワクチン接種を希望するときは、必ず実施医療機関に問い合わせください。

戻る 

課のページへ    ページトップへ