所在地  留萌市船場町1丁目54番地
敷地面積 3.27ヘクタール

区 分 全体計画 認可計画
排除方式 分流式
処理方式 汚水 標準活性汚泥法
汚泥 濃縮 → 脱水
計画流入水質  BOD 308ppm       SS 256ppm
計画放流水質  BOD   15ppm以下    SS  40ppm以下
 放 流 先 一級河川留萌川(環境基準B−イ)






主要施設

 中央監視室          
  各機器を遠隔操作します。          
   スクリーン・ポンプ室
 流入下水中の大きなゴミを取り除き
その後最初沈殿池へ送水する。
      最初沈殿池
 スクリーンを通過した下水の中の、大き
なゴミや砂をしずめて取り除きます。
      反応タンク
 下水中に空気を吹き込んで微生物を増
殖させ、その働きによつて汚物を取り除
きます。
       管廊
 各施設間を結ぶ種々の管、ケーブル、
ポンプなどを共同経路内に収容し点検、
修理のために人が通れる施設です。
      最終沈殿池
 反応タンクからの下水をゆっくり流し、
微生物を含んだ泥を沈め、きれいになっ
た水を流します。
    水質試験室
 流入下水が放流されるまでの間、各施
設の水の状態を調べます。
    汚泥処理棟
 汚泥濃縮タンク・汚泥脱水設備などを
収めた施設です。

主要施設の概要
施設名 全体 稼動 構造及び能力
管理棟 1棟 1棟  1 F 
 受変電室、水質試験室、発電機、発電機室

 2 F 
 事務室、会議室、中央監視室、換気ファン室
 B 1F 管廊
 B 2 F スクリーンポンプ室
  建築面積    811.57u
  延床面積  1,822.92u
主ポンプ - -  着脱式水中汚水ポンプ
2台 2台  200φ×4.5m3/分×H17m×22kw
2台 1台  300φ×9.0m3/分×H15m×37kw
最初沈殿池 3池 2池  短形一方向常流式
 巾4.1m×長18.5m×深3.1m
 沈殿時間(全体) 1.5hr
エアレーション
タンク
3池 2池  散気旋回流式
 巾6.1m×長54.6m×深5m
 曝気時間(全体)9.59hr
 ルーツブロワー
  (全体) No 1  20m3/分×37kw×2台
        No 2  40m3/分×75kw×2台
  (稼動) No 1  20m3/分×37kw×2台
        No 2  40m3/分×75kw×1台
最終沈殿池 3池 2池  短形一方向常流式
 巾6.1m×長25.3m×深3m
 沈殿時間(全体) 2.9hr
塩素混和池 1池 1池  長方形水路迂回流式
 巾1.35m×深1.9m長  (全体) 42.1m
 液体塩素接触時間15分
汚泥濃縮槽 2槽 1槽  重力式円形放射流
 6mφ×水深4m
汚泥脱水機 2台 2台  @スクリュープレス型      Aベルトプレス型
 外筒スクリーン径800mm    ベルト巾 2m
 処理能力26m3/H(供給汚泥)  ろ過速度 130kg /m・h
汚泥消化タンク 6槽  加湿式2段消化
 消化日数30日、消化温度30℃
 一系一次 12.0mφ×7m×2槽
    二次 12.0mφ×6m×1槽
 二系 一系と同じ
受変電設備 5台 3台  受電電圧 6,600V
 照明(全体)  75KVA×2台
    (稼動)  75KVA
 動力(全体) 200KVA×2台+400KVA
     (稼動) 150KVA+200KVA
自家発電設備 1基 1基  (全体) 375KVA  
 (稼動) 200KVA



微生物

 バクテリアや原生動物のような微生物の集まりを「活性汚泥」といいます。
 反応タンクの中で「下水」と「活性汚泥」を混ぜて、空気を吹き込むと「下水」と「活性汚泥」がよく混じりあい、「活性汚泥」は吹き込まれた空気中の酸素の助けをかりて、どんどんヨゴレを食べてゆき、時間がたつにつれしだいに大きなかたまりとなります。
 大きくなった『活性汚泥」は最終沈殿池で沈められ、その一部を再び反応タンクへ送り返し下水処理に利用します。
 良好な下水処理が行なわれている状態で、下の写真の微生物が多く出現します。

アルセラ
ズーザムニウム
エピスティリス
ロタリア


最初沈殿池新設整備完成

 留萌浄化センターの水処理方法を、、平成16年2月まで長時間エアレーション法で
行なってきました。
 近年下水道整備を計画的に推進をしており、毎年処理水量が増え続け現有の処理
能力(4,500立方メートル)を超えることから、処理能力アップを図るため最初沈殿池を
三ヵ年計画で整備し、平成16年3月より稼動いたしました。
 これにより、処理能力が7,450立方メートルにアップ、水処理方法が標準活性汚泥
法となりました。

最初沈殿池外観
  スクリーンを通過した汚泥中の
固形物を沈殿させ取り除きます。
 ある程度の固形物が取り除かれた
下水はエアレーションタンクに流れて
行きます。
 汚泥処理棟増設整備事業
 下水汚泥処理棟の増設を平成15〜17年度の三ヵ年で進めてきましたが
平成18年3月に完成しました。
     下水汚泥処理棟増設外観
    ベルトプレス型汚泥脱水機

 化学物質で作られた2枚の布を利用
して汚泥中の水分を絞ります。
     スクリュープレス型脱水機

 スクリューを利用して汚泥中の水分
を絞ります。
           貯留槽

 濃縮タンクから引き抜いた汚泥を
均一な濃度に攪拌します。




パークゴルフ場
平成6年6月27日 9ホール(ハーフコース)オープン
 平成21年度に堀口・阿部・加地JV様の地域貢献の一環として東屋(休憩所)の防腐・防虫剤塗布処理をしていただき、パークゴルフ愛好者に大変喜ばれております。
 また、愛好者の皆様のお力添えで、コース整備をすることができましたことに
対し、市として感謝いたしております.。
 改修中の東屋

 改修後の東屋と感謝状の贈呈式